駄兎本舗キャストデータベース(N◎VA-X)
キャラ一覧(初期画面) 新規キャラ登録 親サイト

フリーランス
”NightNoise”エマ
駄兎文月 バサラ◎ タタラ● アヤカシ
(経験点:214) 6/15 4/13 5/8 6/12
ID:- =F20(外見) =F♀ =Fcm =Fkg
EYEZ: =F =F =F

「女大公、貴女程の永世者にはご理解頂けないだろうが、…私は人間になりたいんだ」
 錬金術師はそう言って笑った。その魂の在り方こそが、女大公が心を許した、たった一つの要因だった。

 N◎VAの錬金術師たる少女。
 父は偉大な錬金術師であり、母は立派な人物だった。今は共にもうこの世にはおらず、その足跡は忘れ形見たるエマが継ぐのみである。
 エマは人間に極めて近いが人間ではない。災厄が訪れ天道が歪み、闇に属する者との境界のバランスが崩れた日。妖精王のいたずらか、幼かったその身はエルフと呼ばれる種族へと変わってしまった。
 時間の経過に伴い、肉体の変化が訪れなかった事は周囲の不安を招き、やがて彼女は世俗を離れ、孤独な道を歩み始める。父の遺産を引き継ぎ、錬金術を独学で体得しながら、社会の裏に存在する秘密結社とアクセスを得た。さらに闇に潜むアヤカシを滅ぼし、闇に属する者の素材を得る頃には、彼女は”夜を乱す者/Night Noise”と呼ばれていた。

 転機はアルドラ・ドルファンとの邂逅から。たまたま学び舎へ人間を物色に来ていたアルドラを、彼女は万全の状態で襲撃するも、返り撃ちにあってしまう。…そして、冒頭の台詞へとつながる。
 戯れに聞いた人間もどきの戯言にアルドラ女大公は微笑みを浮かべた。
「もしも、どのような身で死を迎えたとしても、貴女の魂は私がお預かりしますわ」と一言契約を交わし、少女は許されたのだった。

+ + + + +

 N◎VAの錬金術師。人の身に、人の魂へと戻る術を求め、目的のためには手段を辞さないタイプ。

 サロンドルファンとは消極的協力関係。但し、サロン内の裏切り者については剥ぎ取りして良いとの破格の条件を貰う。プライベートでは時折、アルドラの茶会に呼びつけられる事もある。
 命を救って貰った手前もあり、依頼があれば協力する事もよくある。逆にアルドラへ頼みごとをする事もあるらしい。プライベートでは「エマ」「アルドラ」と呼び捨てにしあう仲だが、女大公は気にも留めていない模様。

 ニューロエイジ・アルケミーの第一人者。魔と機械、サイバネティクスと言った様々な最先端を効率良く組み合わせていくが、電脳系(電脳技能・プログラミング)は今一つらしく、専ら機械系と練金系、魔材料学に傾倒気味の模様。

 外を出歩くときは、片時も旅行用トランクを手放さない(※ 《タイムリー》の演出用)
 ブラウニーズと呼ばれる、コボルド、ゴブリン、グレムリン、大小のファミリアが、トランク内の門を通って召喚される。彼らは誰よりも強い妖精軍隊である。

経験点消費:214
385点 [初期170+追加215]

■○○○1 医療
■○○○1 ★射撃
■○●○2 知覚
■○○○1 電脳
●○○●2 製作:その他 マジックアイテム
○■○○1 ★心理
●■○●3 ★自我
○■○○1 交渉
芸術:
○○■○1 運動
○○■○1 ★回避
★操縦:
○○■○1 白兵
○○○■1 ★圧力
○○○■1 ★信用
○○○■1 隠密

○○■○1 社会:N◎VA
○■○■2 社会:アストラル
■○○○1 社会:テクノロジー
○■○○1 コネ:アルドラ(敵対から親睦へ)
○■○○1 コネ:マリー(マジックアイテム棚卸相手)
■○○○1 コネ:コッペリア
●○○○1 改造/†魔改造/テクニック
 製作:X(-2)改造/魔改造OK

●●○○2 障壁 D−カード
●○○○1 障壁U ARなし
●○○●2 †円環 範囲

○○○●1 †加速 CS+カード
○○○●1 強化 能力値+

●○●○2 究極鑑定

――――5 夜の住人 自我+LV
――――1 霞の身体
●●○●3 †妖精の一族 装備破壊
   [魔性] ダメージ軽減
○●○●2 †闇の殉教 肩代わり
魔血の衣 血脈LVのアーマー

ストリームリンク 業界社会+1

魔術具 バサラマヤカシ+1 銃形状。

結界石 登場判定+3
パスワード:
パスワード:
   


composed by ガニメデつちのこ
「トーキョーN◎VA The AXLERATION」 「ゲーマーズ・フィールド誌」は
有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチ及び有限会社ゲーム・フィールドの著作物です。